JMTとは


ジョン・ミューア・トレイル(JMT)とは、「自然保護の父」「国立公園の父」と呼ばれているJohn Muir(ジョン・ミューア)の死後、彼の功績を称え整備されたトレイル。1938年に開通した。

全長約340km(210mile)、アメリカ・カリフォルニア州のヨセミテ国立公園、キングスキャニオン国立公園、セコイア国立公園、インヨー国有林(ジョン・ミューア・ウィルダネス、アンセルアダムズ・ウィルダネスを含む)といった国立公園と国有林を貫くトレイルでアメリカで最も有名なトレイルと言われている。

トレイルの北端はヨセミテ渓谷のハッピーアイルトレイルヘッド、南端はアメリカ本土最高峰のマウントホイットニー山頂で、アメリカの西海岸をカナダからメキシコ国境まで縦断するパシフィック・クレスト・トレイルの一部となっている。