ロングトレイルとは


日本では登山というと山頂を目指すものと捉えられることが多いが、北米におけるロングトレイルとはそれとは違い、高みを目指すと言うよりは距離を稼ぐ。

長い時間、距離を歩くことでどっぷりと自然の中に浸かり、現代社会の文明とは離れた環境に身を置き楽しむというもの。アメリカでは当たり前の存在として親しまれている。

また、ただ距離が長いというだけではなく、その地域の文化や風習を感じる事ができるというのが本当の意味のロングトレイルではなかろうか。地域の人々はそのトレイルを誇りに思い、歩く人達を尊重する。そういった人とのつながりを感じる事ができるのもロングとているの魅力である。