食料について


まずは1日の大まかなメニューを決めます

例えば、朝はスープ系、お昼はエナジーバー、夜はご飯かヌードル。というように大まかなメニューを決めます。人によっては朝しっかり食べたい人もいるでしょうし、自分が一番よくわかってることですので、どこにメイン食を持って来るのかを考えるぐらいでいいと思います。なにせ多くの食料を持っていけないし、調理器具も限られていますので、そんなに毎食豪華にという訳にはいきません。釣りをする人はお魚食べれますけどねw

あとは行動食。(ナッツ、糖衣のチョコ、ドライフルーツなど)で1日のお食事を考えます。

登山中のエネルギー消費量(kcal)=体重×行動時間×5
その半分〜全てを行動中に食べましょう。というのを聞きたことがありますが、今回の食料計画ではそれを下回ってました。。。

脂肪をエネルギーに変えるトレーニングを積んでいれば摂取量を半分ぐらいまで減らしても大丈夫だそうです。どんなトレーニングなんだか謎ですが、要は代謝が良ければいいってことでしょうか。

次に①何を②どれだけ③どこで買うのか

①何を買うか
メインになるご飯系はいろいろ考えたけどやっぱりお米が食べたい!ということでサタケのマジックライスシリーズを採用。白いご飯を一番多くして、アマノフーズ カレーシリーズと組み合わせる。親子丼とグリーンカレーがお気に入りでした。あとはパスタシリーズやドライカレー、ちらし寿司もおいしかったです。尾西食品のおこわ系も好き。次回はお赤飯を持って行きたい。さらには、カップヌードルもリフィルタイプで参加。カロリー摂らねばと思って今回どん兵衛リフィルは諦めたけど、お出汁でほっこりあったまりたい時はうどんですなぁ。ちょっとリッチ朝ご飯にはヘルシーキューピー玄米雑炊シリーズもオススメ。乾燥玄米の小袋を全部あけて、ジップロックにまとめたらわりとかさばらないのでgood。

他には・・・
・カロリーメイト系のエナジーバー
・粉末スープなど
・ドライフルーツもお好みで(カリフォルニアだけにプルーンがお勧めです)
・トレイルミックスいろいろ
・お湯を足してつくる粉末マッシュドポテト(ガーリック味とか)
・現地のスーパーで量り売りしてる乾燥豆。おいしい。軽い。エネルギーになる。スープに入れる用に購入しました。

②どれだけ買うか
1日単位のメニューが決まれば、今度は行程を考慮に入れて計算します。そのときに重要なのが食料補給の回数と予備食の存在。例えば、バーミリオンで食料補給してそのまま1泊する日があれば、そこの食堂でお金を払ってご飯を食べることもできるので、この日の晩ご飯分はいらない。というように、食料補給の回数を念頭に入れておくこと。予備食も必要ですので、それも計算に入れます。最終的にスープ何袋、インスタントラーメン何個、というように全て書き出します。

③どこで買うか
日本でパッキングして直接現地の食料補給ポイントに送るのであれば、もちろんこちらで全て用意することになるでしょうが、現地でパックし直すのであれば向こうで買えるものも多くあるので無理して日本から全て持って行かなくても大丈夫です。あとは現地のアウトドアショップで売ってるフリーズドライのシリーズもあるので取り入れてみるのも楽しいです。エナジーバーも現地で買えますがとっても甘いので、今回は日本で全て買っていきました。甘いの大丈夫な方はぜひ向こうのエナジーバー試してみてください。日本にはないフレーバーがたくさん!!小さな幸せが味わえます。

準備の際、MercedやMaliposa,Oakhurstなどシエラの西側の街にはRiteAidやWalgreensという大型ドラッグストアがあり色々そろいます。あとはスーパーだとRalley’sなど。東側はちょっと北のRenoやCarson Cityにはそういう大きいお店がありましたが、そのあとBishopまではあまり大きな街がありません。R395を少し離れてMammoth Lakesの方に行けばあります。ちなみに、ヨセミテ国立公園内にもスーパーと呼べる食料品店があります。

アウトドアショップもいくつかあります。LINK参照。