クマ対策


まずはクマの生息地にお邪魔するという意識を持つこと。そしてクマ対策としては、クマに出会わないようにすることが最優先です。

JMTで出会う可能性があるクマはブラックベアで、クマの中でも非常に好奇心が旺盛で木登りも得意。では、会わないためにどうするか?

・自分の存在をクマに気付かせる

・食べ物などの臭いのするものの管理を徹底する

歩いている最中は常に自分の存在をクマに気づかせる行動をとる事です。クマの鼻と耳は人間の何倍も敏感であり、人間が音を出しておけばクマの方から存在に気づき距離をとってくれます。

具体的には声を出す、笛を吹くなど。鈴は効果が薄いと言われています。1日中鈴の音を聞きながら歩いているのはストレスフルで歩き終わったあとも音が耳に残りそうです・・・。

次に、寝る場所を決めたあとは臭いのする物の管理を徹底する事。具体的には、ベアキャニスタに食料を始めとしたあらゆる臭いのする物を詰め込み風下の距離が離れている所に置く事。

これらはパーミットが発行される際に必ず理解しているか確認されます。ベアキャニスタの携帯は義務づけられており、購入するかレンタルの必要があります。(以前は推奨で、ベアハング等も行われていたようだが今は禁止となっています。)

キャニスタは使用が認められているものが決まっていて、詳細はNPSのサイトで見る事ができます。

私たちはbearvaultとGarcia Backpacker’s Cacheの2種類を購入しました。アウトドアショップやヨセミテ公園内のショップで購入可能です。ヨセミテ国立公園でレンタルもでき、直接返却できない場合は送り返すことも可能。

bearvault(左)とGarciaのCache(右)